スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢とか希望とか背負ってんだよお! Pってのはさあ!

って最近思います。

以前、再生数とかの数字にこだわって上ばかり見てないで、今自分の動画を見てくださっている目の前の人たちを大切にしようぜ! というような記事を書いたことがありましたが、今日はビジネスライクな「伸びるための動画論」です。

気に食わない人はとことん気に食わない理論だと思います。
正直、自分もこんな風には考えてません。
評価されるために、ではなく、見る人を純粋に驚かせたい・喜ばせたいという欲求から、結果的に同じようなことを考えることはありますが。

そんなわけですので、好みが分かれる話題ですが、ご興味があればどうぞ。

よく、伸びる為には初動が大事と言われたりします。
たしかに、最も再生が伸び、もっともマイリス登録数が伸びる時期であるうp初日と翌日辺りに毎時ランキングに入ることができれば、動画の伸びはぐんと加速します。

が、それはあくまで数字のお話。

やはり内容の評価が伴って始めて、動画は「本当に伸びる」ことができると思うのです。

では評価はどうすれば上がるのか。
どうすれば、見た人に「すごい!!」とか「また見たい!!」とか思ってもらえるのか。
答えは簡単です。社会人のみなさんは、仕事に置き換えてみると分かりやすいかも。

ビジネスの世界では、よくこういうフレーズが使われます。
「期待とは、満たすものではなく超えるものである」
サービス業とか、接客業の方、営業職や品質管理系の方もそうかもしれませんが、お客さんの期待を超えて初めて、「良い」という評価をもらえるわけです。

期待通りの出来の動画じゃ甘いとすら言えます。
見る人の期待通りの出来だったなら、もらえる言葉はせいぜい「GJ」の一言です。
「すげええええええええええ!!」とかってレベルの熱いコメントは、その人の期待を超えてなければもらえません。

シビアに「伸びる・評価される」ことを考えるなら、それくらいのところを目指さなければならないと思います。

では、見る人の「期待」とは何でしょうか。
そもそも見る人は動画に何を期待して見に来るのでしょうか。
それを考えることが大事だということになります。

この辺、PVはサムネや題材曲などで内容に関する情報を提示して、「期待値稼ぎ」をすることができるので割合楽ですが、ノベマスなどは映像表現ではなく物語表現を期待されるジャンルであるにもかかわらず、サムネやタイトルで期待値を稼ぐことは殆ど出来ません。
期待できないものは誰も見ないわけで、伸び難いとされる一因もそのあたりにあったりなかったりするのではないでしょうか。

期待を超えるためには、まず超える対象とする期待を定める必要があるでしょう。
たとえば、「ダンスシンクロに対する期待」の基準値は、現在かなり高いレベルになっています。
「ストーリー性に対する期待」の基準値も、「画質に対する期待」の基準値も、今のニコマスは相当ハイレベルです。
ですが、「構図に対する期待」や「色彩美に対する期待」など、まだ基準値の低い「期待」も存在します。

頂点Pレベルのことをやってのけてすら超えられるかどうか怪しい期待に、わざわざ挑む必要なんてありません。
自作品で申し訳ないですが、例えばこれを見てください。

これなんて、恐らく「色彩に対する期待(予想)」の基準値しか超えていないと思います。
髪色が違う、という一点においてのみ、視聴者の想像を超えていると思いますが、ダンスシンクロも画面構成も展開も(今にして思えば)お粗末です。

しかし、そのただ一つの予想外で、数千再生は得られるのです。

まあこれはかなり結果論的な側面もありますが、しかしそれでも、期待や予想を超える何かを提供しなければ、数字も評価も得られないという関係性は提示できるはずです。

つまり、Pとして作品を伸ばすこと、評価を受けることを目指すなら、ニコマスの現在の「目に見える流行」を追いかけていたのではダメです。
ダンスシンクロなんか誰でもやってます。
キネティックタイポグラフィはもうすでに流行り始めています、つまり「もう波に乗るべきタイミングは過ぎています」。
波になる前の、潜在的な流行の波動を見抜かなければなりません。
潜在的な視聴者の期待―しかも出来るだけ基準値の低い期待を探し当て、それを確実にスマートに超えてみせてはじめて、爆発する傑作は生まれるのです。

「あのPがやってた表現って面白かったな! ちょっと真似してみよう!」とかやっているようでは、真に評価を受けるような作品は作れません。
先に同じようなことをやっているPがいるのなら、そのPが超えることが出来なかった期待を超える必要があります。


どうでしょう。この方法論、実につまらないとは思いませんかw
せっかく好きでやってるニコマスまで、仕事みたいになっちゃうなんて、嫌だとは思いませんか。
伸びたい! とか評価されたい! とかいった欲求を否定するつもりはありませんが、たぶんそんな目的で作るよりも、びっくりさせたい! 楽しませたい! といった心持で制作に取り組んだほうが、ずっと健康的に楽しくニコマスPライフを送れるのではないかと思います。

そして奇しくも、そういう気持ちを突き詰めていけば、自然と視聴者の期待や予想を超えるような作品は出来上がってしまうわけです。
そっちのほうが絶対楽しいと思うんですよね。
別に給料貰ってるわけでもないのに、仕事みたいに数字追いかけるのも空しいじゃありませんか。

最も純粋に、視聴者を楽しませることに夢中になったPこそが、頂点に立つんだと思います。
楽しませることって、楽しいんですよ。
与えることは、与えられることよりも幸福なんです。

今日はそんなお話でした。
眠いから文章が変だなw
いつもならもうちょっと良い感じに書けると思うんだけど、ごめんね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

dbdbPのブログいつも拝見させてもらってます。
伸びる伸びないは永遠のテーマですよね。
投稿するタイミングとかに左右されるものも大きいですしね。
P名補正とかも間違いなく存在してるだろうし。

まあ気にせずやるのが一番だと思いますけどね^^

>>ぷっつんP

ぷっつんP! ぷっつんPじゃないか!
どうもいらっしゃいませw

たしかに投稿タイミングも、P名補正も大きな要素だと思います。
でもたとえばP名補正って、数字の伸びについてはかなり有利ですけど、じゃあ評価も有利なのかというとそうでもないと思うんですよ。
やはりそのP名のブランド力に相応しい作品でなければ、ニコマス全体からすれば平均以上の佳作でも、評価を下げる要因になりかねないですし。
そういう意味で、やはり「数字」と「評価」は区別すべきだし、「視聴者の期待値」というものを論点の一つとして捉えなければ、伸びる動画論というのは成立しないんじゃないかなあ、と思った次第です。

ぷっつんPの仰るとおり、気にせず楽しくやるのが一番ですw
無理して一万人の人に喜んでもらうより、心から楽しんで千人の人とワイワイやれたら、それでいいと思うんですよね。
まあ具体的な数値で線引きするつもりはないんですけど、とにかくそういうことですw

私はそういうゲーム的戦略的なことも「面白い」と感じます
まぁそれだけではありませんがw
そういう楽しみ方してる人もいるんだよーということで^^;

>>ぎょP

ええ、もちろんそういう方もいらっしゃるだろうということも、ぎょPのそういったスタンスも存じ上げておりますよw
それを楽しめるなら、それでいいと思うんです。
数字や評価を求める「過程」を楽しむことについては、少なからず共感する部分もありますし。

大事なのは、「何を面白いと思うか」ということではなく、「面白いことを素直に優先しているか」ということだと思います。

 ブログ拝見させていただきました
 技術とかは本当に上みだすとキリがないですし
 背伸びしてやってもどこかで無理は来ますよね

 なによりそうやってやると多分自分が楽しくなくなるんですよね
 自分が楽しくない動画が他人が楽しいとは思ってくれる
 わけないんですよね

 自分でも作品つくっていて、上の再生数の人はに本当に
 色々な面で適わないなと思いつつも見てくれる人が
 少しでも楽しんでくれるなら それでいいんですよね
 
 無理はするな ですね

>>トリスケリオンP

どうもー、ようこそいらっしゃいましたw

そうですね、本当に楽しむということが大事ですよね。
楽しいから始めたはずのことが、いつのまにか色んなものに流されて見えなくなってしまうことも多いと思います。

Pとして、見る側の方々のことを考えて努力することも必要でしょうが、根本的なモチベーションを失わないようにするために、自分が何をしたくてニコマスに飛び込んだのか、何を楽しいと思うのか、時々思い返してみることも大事なんじゃないかなあって。

まあ、当たり前のことなんですけどねw
アンケート結果公開中!!
ニコマスライフに関するアンケート結果を公開中!!
どうぞご覧下さい!
こちらから
twitter
dbdbP
http://twitter.com/dbdbP
やよいが歌ってるだけbot
http://twitter.com/yayoi_utau
プロフィール

dbdbP

Author:dbdbP
PV系が主戦場。だけど他の畑にも行ってみたい。そんな繊細なお年頃。ネタ作品はあまり作らないけど、頭の中はネタだらけなの。
みんな甲乙つけがたくて誰が俺の嫁とか選べないけど、そこを敢えて断腸の思いで一人選ぶなら、間違いなくダントツぶっちぎりで春香さんですね常考。
リンクに連絡は不要です。好きにやっちゃって!
でも連絡を頂いたら、喜んで相互リンクさせていただきます。
※あまりにアイマス・ニコマス・dbdbPと無関係すぎる歪みねぇサイトはダメかも?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
dbdbとの連絡はこちら
作品マイリスト
RSSリンクの表示
リンク
ミテマスヨー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
こんちゃ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。