スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕達は今もあの頃の夢を見る

今回は、考察のようで考察ではないものを。
推論、でもないような、むしろ感想に近いような感じです。

先日、爽快PがきつねPと赤ペンPのラジオにゲスト出演なさっていた回を拝聴して、動画の数字に関する話題がちょっとあったので。



お聞きにならなかった方のために、どんな話題だったかを箇条書きにしてみると、

・再生云々も減ってるけど、そういえば週マスのコメント数が物凄く減ってるよね
・もう皆、自分の好きな分野のニコマスしか追ってないんじゃないかな
・ニコマス紹介ブログをやっているような見る専ブロガーですら、現状すべての作品なんて把握し切れてないしね
・ニコマス自体が成長して、今やニコマスの中に再びジャンルが生まれつつあるってことですかね


色々割愛して、大筋を並べるとこんな感じです。

この手の話題自体は、日頃から各所で取り沙汰されているわけですが、今回のラジオでのニコマスの現在に対する解釈は一歩進んだものを感じたので、それについて少し考えてみました。

ニコマスの再生数が落ちている
ということは、確かに事実でしょう。
週マスだって落ちていますし、昔なら確実に数万再生は行ったであろう作品が、今では1万再生にも届かずに燻っていることも珍しくなくなりました。
以前は、再生数の伸びてない作品は、実際に視聴してみても確かにその程度の出来であることが多かったわけですが、今では数千程度の再生数でも名作と呼んで差し支えない動画が山ほどあります。

どう見ても、再生数は落ちています。
ニコマスは「THE IDOLM@STER(アイドルマスター、ニコマス総合コミュ)」のメンバー数とコミュLvを見ても分かるとおり、抜群のプレミアム会員比率を誇る界隈なので、マイリス率は逆に高くなっているように見えますが、それすらも再生数が落ちたことによる相対的な結果だと言えなくもありません。

毎日100を超える動画が新たに生まれるニコマスです。
しかもその中にはなかなかの良作が結構あって、数日に一本は物凄い傑作がお目見えするくらい、異様にクオリティの高いジャンルなのです。
ニコマスを視聴して、それを周囲に紹介しているブロガーですら全部を把握できない現状では、通常の視聴者や、自ら制作活動をしているPが十分に視聴できるわけがないんです。
いつからか(一説では、一昨年の雪歩誕生日以降)、ニコマスのすべての新着動画を把握することは不可能である…という共通認識が、ニコマス民の中に生まれていたとは言えないでしょうか。

では、すべてを見ることが出来ないなら、自分の好きなジャンルだけ見よう。と思うのが当然の流れです。
PV好きな人はPV系だけを。
ノベマスが好きな人はノベマスだけを。
そうやって、ニコマス民は内部にカテゴリを持ち始めるわけです。
しかし、もうそれでも追いつかなくなりました。
24時間ニコマスを監視する暇なんて誰にもありません。
自分の好きなジャンルだけを追いかけていても、それでも生活時間は圧迫され始めます。
となれば、タイトルやサムネやコメントで、ある程度ふるいを掛けるしかないわけです。

PV系ばかりを見ていた人は、知らない曲のMADを見なくなります。
自分の中で順位の低いアイドルのPVは見なくなります。
ちょっと不思議なサムネが気になったくらいでは、時間が勿体無いからクリックしません。
今まで自分が好きになったPの作品だけを追いかけたり、すでに十分伸びている、「時間の無駄になる可能性の低い」動画なら試しに見てみたりするわけです。

今までノベマスなら殆ど見ていた人も、やがて第一話だけを見て今後チェックするか切り捨てるか考えるようになります。
画面構成が少し拙かったり、誤字が多かったりすれば見限るようになります。
一話30分とか、見る気もしません。
単発モノのギャグとかほのぼの会話劇とか、どれも似たり寄ったりなので全部スルーです。
よっぽどサムネで期待できるものや、過去作が良い出来だったPの新作とかでもない限り、視聴意欲はそそられません。

結果、ニコマス民はそれぞれ自分がより好きな界隈へ向かい、自分がより安心して楽しめるその場所に定住し始めます。
今のニコマスには本当に多種多様な嗜好の作品が揃っており、無い作風を探すのが難しいくらいです。
どんなマイナーな好みでも、それを担う界隈が、かなりの確率でニコマスにはあるのです。

別にニコマスは廃れてなんていません。
むしろ、視聴者数は今も増え続けているでしょう。
ですが、「みんなが全体を見渡して、みんなで一緒に何かを楽しめる」ほど、ニコマスは小さくもなければ狭くもないということです。
昔の名作のように数万・数十万という爆発的な再生数を得る為には、ニコマス民全体はもちろん、ニコマスをたまに見る程度のライトユーザーまでもを呼び寄せなければなりません。

ここでちょっと、ニコニコ動画を地球、ニコマス界を日本に例えてみましょう。
かつての名作のようにドカンと伸びようと思ったら、その作品は日本国内で社会現象を巻き起こし、海外でもそれに興味を持っている人たちの間でブームになるくらいの「大手柄」を挙げなければならないということです。

日本だの海外だのといった規模のカテゴリを一つにまとめ、注目を浴びる為には、W杯や五輪クラスの超大イベントが必要です。
ニコマスで言うなら、24時間や新年会、カクテル、シネMAD、etc...などの有名企画がそれです。
このクラスの企画になってはじめて、僕らが想像している、「正常な再生数の伸び」が期待できる次元になるわけです。

ニコマスのPVは人気ジャンルですが、それでもせいぜい日本(ニコマス)の首都東京といった程度です。
東京(PV界隈)の中でなかなか良い感じのPVが生まれたとしても、東京(PV界隈)に住んでいる人なんて日本国(ニコマス)民のごく一部です。
都民(PV界隈住民)全員がその動画を見たところで、かつて日本国(ニコマス)民が日本(ニコマス)全体の作品を把握できていた頃の再生数に敵うはずがない。
もう時代が違うんです。

たしかにあの頃、ニコマスはみんなで一つのジャンルを形成して、熱狂的な宴を楽しんでいました。
そのお祭には楽しげな屋台が顔を並べ、端から順番にみんなで楽しむことができました。
でも今や、その楽しげな屋台は7万の大台を突破し、みんな自分の好きなところへ行ってあっちこっちで遊んでいるのです。

気が付けば、自分がいる屋台周辺の人数は、あの頃に比べ減ってしまっていることでしょう。
でもそれは仕方の無いことです。
お祭は今も広がり続けていて、全員で全部の屋台を楽しめる時期を過ぎてしまったのです。

「いつかまた、あの頃みたいに皆が集まって賑わう界隈を取り戻そうぜ!」なんて、村おこしに悩む田舎の自治体みたいな埒も明かないことを言うのはやめにしませんか。
僕達は今もあの頃の夢を見ているけれど、目の前の屋台は、あの頃よりももっと素敵になっているのだから。

ニコマスは広大で、もう誰にも全体を把握することはできません。
でも、僕がいるここも、あなたがいるそこも、広大なニコマスの一部なんです。
一人一人が、今いる界隈で全力で楽しんで、全力で盛り上がったら…
ニコマス全体だって、自然と盛り上がっちゃうんじゃないかなあって。

このままじゃニコマスが衰退しちゃうよ! なんて、危惧する声も聞いたりしますけど。
そんなにニコマスが好きで、ニコマスを失いたくないなら、危惧する暇も惜しんで楽しめばいいんだよな、きっと。
ニコマスを心配しているようでいて、そういう不安感や危機感みたいなのが一番、ニコマスの足を引っ張っている気がしちゃいます。


まあ、結局何が言いたいかというと、「君が楽しんでる限り、ニコマスは終わらないんじゃない?」ってことですよ。
心配する暇があるなら楽しめ!
自治ごっこしてる暇があるなら盛り上がれ!

僕達は今もあの頃の夢を見る、けど、そろそろ目覚めてもいいかもしんない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この記事読んで、あれを思い出しました。
夕飯時にお茶の間で、家族団欒しながらテレビを見なくなったよねー、
というヤツです。
家族という小さなコミュニティの中でさえ娯楽(話題)が共有されなくなってる、
という現象は、もはや誰もが認めることだと思います。
ニコマスという、ネットの中(ニコニコ動画の中)の小さなコミュニティ――
それはあたかも家族のような温もりをもった集団…。
その中でさえ、同じことが起きている(のではないか?)。

時折、「WBC決勝でイチローが会心の一打」のような共有できる話題、
ニコマスでいうところの再生数二万越えの動画(この基準が適当かはわかりませんが。)が出てきたりすることはあっても、
私たちの娯楽の中心は、「家族」単位から離れてしまっているんでしょうね。

それでもテレビという媒体が消えてなくなってしまうなんてことはないですし、
同じくニコマスという場が消えてなくなってしまうこともないでしょう。

テレビという媒体の危機を憂う人。ニコマスという場の危機を憂う人。
それぞれの声を聞くことも、私個人の意見としては、大切だと思いますが、
まぁそれは、話し半分ということで。
「中心」ではないとしても、消えてなくなってしまって困るのは、
テレビもニコマスも同じですからね、といったところで長文失礼しました。

>>しゃららえさん
長文歓迎ですw はじめましてー

そうですね、ニコ動はよくお茶の間のTVと比較されたりすることがありますが、まさに今回の記事の焦点も、「家族」や「ニコマス民」といった群の単位にあると思ってます。

いつも僕らは、楽しかった思い出と現在を比較しながら生きているわけで、それをやめろなんて言っても仕方ないことなんですけどねw
昔は良かった。というフレーズ、平安時代の書物にだって載ってるそうですよ。

一軒家が村になったんだと思うけどなあ。
それを発展と呼ばないのなら、
一体何だというんだろうなあ。

自分、危機感ゼロw
09年に入ってからも
ステキな真動画を作ってくれるPが
増え続けているのを知っているから。

不安なのはツアー前なのにまだひろりんが
食いまくってることぐら・・・おっと誰か来たようだ

>>cha73さん

そうそう。ニコマスは発展してるんだぜ!
ということを言いたかった。

自分も素敵な真動画を作りたいなあ。
そのうちSHAMROCKをリメイクしようとは思いつつ。
アンケート結果公開中!!
ニコマスライフに関するアンケート結果を公開中!!
どうぞご覧下さい!
こちらから
twitter
dbdbP
http://twitter.com/dbdbP
やよいが歌ってるだけbot
http://twitter.com/yayoi_utau
プロフィール

Author:dbdbP
PV系が主戦場。だけど他の畑にも行ってみたい。そんな繊細なお年頃。ネタ作品はあまり作らないけど、頭の中はネタだらけなの。
みんな甲乙つけがたくて誰が俺の嫁とか選べないけど、そこを敢えて断腸の思いで一人選ぶなら、間違いなくダントツぶっちぎりで春香さんですね常考。
リンクに連絡は不要です。好きにやっちゃって!
でも連絡を頂いたら、喜んで相互リンクさせていただきます。
※あまりにアイマス・ニコマス・dbdbPと無関係すぎる歪みねぇサイトはダメかも?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
dbdbとの連絡はこちら
作品マイリスト
RSSリンクの表示
リンク
ミテマスヨー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
こんちゃ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。