スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画ににじみ出るスタンス的な!

戦巫女とバルサミコって似てる。

いや、それはともかく、昨日夜中に朗読さんと話してたんですけども、もうニコマスも長く続いてるよねーって雑談から、ニコマスもいろんな動画を作る人がいて、いろんなPがいるよねーって話になったんです。

で、技術的に可能か不可能かは別として、抜き合成で作るPもいれば、ステージ映像をメインに作り続けるPもいるじゃないですか。
僕も、基本的にPVをステージ映像でつくるという選択肢は考えてないPですから、技術的には可能でも、ステージ映像での動画を作ろうとはあまり思いません。
その理由はきっと人それぞれあるんでしょうけど、僕なんかは単なる逃避だったりしますw
ステージ映像使って真正面から箱○のアイドル達と比較されてしまう動画を作ると、どうやっても箱○の映像と比べてお粗末なことがバレてしまうから。

あと、常々僕が思っているのは、アピールを使う人と使わない人がいるよねってこと。
僕はアピール使いません。
可愛いポーズとってくれるし、アクセント的な用法で入れるといいじゃないか! ってのもよくわかるんですけども、アピールってエフェクトが出るじゃないですか。
あのキラキラしたアピールエフェクトって、本来は見てる視聴者の主観上で見えているもので、カメラで撮影しているときに見えるものではないはず。
だから、動画を見ている視聴者が、アイドルのあまりの可愛さに「おおお…後光が…!!」みたいな感動によってそのエフェクトを幻視するのでなければ、動画上に予めそのエフェクトを載せておくのは何かおかしいように思うのです。
そもそも、アイマスのライブ映像にはVFX的演出なんてないのに、アピールのエフェクトだけが特殊なんですよね。
あのエフェクトだけが、カメラの壁を越えて、視聴者の主観の側へ歩み寄った立ち位置にいる。
あのエフェクトだけ、視聴者の熱中を助長する意図が見えると言うか。

もちろん抜き合成にエフェクトをバリバリ重ねるような動画でなら、アピールエフェクトもなじむと思うんですけど、それにしても視聴者の主観上に現れるものをPが用意するのはおかしい。

そんな理由で僕はアピールを使わないんですが、この感覚って、もしかしてノベマスの立ち絵空中浮遊を嫌う人の心理に通じるのではないかしら? とかちょっと思いましてね。
いや通じると言っても、僕はアピールをそこまで毛嫌いしてるわけじゃないですが。
何を隠そう、というか別に隠してないし以前より明言してるけどw、僕はノベマスの立ち絵の胴体切断空中浮遊がどうしても許せない人間ですw

僕はそもそも、PVとノベマスをあまり区別して考えてませんので、そこに映っているアイドルの胴体が切れているという事象をどうしても認められないんですね。
PVでも、アイドルの手足が画面外にいってしまって切れてしまうことはよくあります。
アップの映像では、当然胸下以下は切れてしまって映っていません。
でもPVでは歌い踊るアイドルの胴体が切れてそれが空中浮遊してるなんて有り得ない。
生きてる人間がそこに映っているのですから。
そこはなんとか隠さないといけないし、どうしても手の先が切れてしまうときは、僕は他のアイドルの手を移植したりしてごまかしてます。

たとえば、ノベマスにおいて誤字脱字に気を配るPはとても多い。
それはせっかくのストーリーに没入する妨げになるからです。
誤字や脱字に出会った瞬間、視点が現実に引き戻されてしまうからです。
立ち絵の空中浮遊だってそれと同じで、アイドルが人間としておかしな事になっているものを、わざわざ視聴者の側でこれはこういう記号で、これがアイドルを表しているんだ、というメタな解釈を必要としてしまう。

その辺が、アピールエフェクトにも言える気がするのですね。
実際のライブで、アイドルがあんなエフェクトを放つのはおかしいわけですから、あれは視聴者の主観上に映るもののはずで、アイドルとカメラの間にではなく、カメラと視聴者の間にそれは存在するはずなのです。
で、僕らPはアイドルとそれを映すカメラまでは制御できても、カメラによって撮影された映像を見た視聴者の主観までは制御出来ない。
だから、僕はアピールの「アイドル達がするポーズ」を使うことは許されても、アピールの「エフェクト」を僕が使うことはご法度であるように思うのです。
それは映像演出ではなく、視聴者にメタな視点から干渉しようとする試みであるように思うのです。

というような自分ルールで、僕はアピールを動画に使いません。

ただ単にアピール一つをとってみてもこんな理由があったりするのですから、P自身何気なく使っているアピールやコミュ映像によって、無意識のうちににじみ出ているスタンスが読み取れたりするのかもしれませんね。
あ、ちなみに、僕はアイマスという原作自体がテーマというか、ようはPVではなくプロデュースでもない場合にしかコミュ映像は使いません。
タマホームとかのヮのがそうでした。

Pの皆さんはどうでしょう?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ステージばっかり作ってますが、たまにアピール使っちゃいますねえ。
アクセントとしてアピールってすごい有効だと思う反面、
違和感もあるってのはわかります。
僕も極稀に抜きを使うときに、手足が切れちゃうの凄い嫌なので・・・

ただ、基本的にはライブDVD風の臨場感ある映像を目指して作ってますけど、
臨場感だけって、作ってても見ててもちょっとしんどいかなとも思うんですよね。
僕の場合実写混ぜたり、最近だとネタ的意味も込めて、
ホメとかちょっと派手なトランジションとかをあえて入れてあえて弛緩させようと意識したりもします。
後付ですが、アピールもそれと同じような効果があるかなあと思ったり。

僕はメタ的な視点を含めて、あえてどこかに違和感を残ってる映像ってのが好きなのかもしれません。
切り貼りが中心のMADだからっていうとあまりにも言葉として単純かもしれませんが、
作り手の意識がノイズ的に伝わることで、だからこそ生まれるリアリティってのもあるのかもなあとは思ったりします。
カメラと視聴者の間の共同幻想ってのも、ニコマス(ニコニコ)ならでは魅力じゃないしょうか。
コメントまで含めてニコニコ動画ですしねw

Re: タイトルなし

>>伯爵

たしかに、メタな視点を含んだMAD感が、ある意味で動画のリアリティに帰結するっていうのはあるかも。
コメントまで含めてニコニコ動画である。という構造を、僕があまり制作において意識してないってことなのかなw

たぶん、カメラと視聴者の間の共同幻想に、作者も混じることを良しとできるか否かみたいな分水嶺があるのかな?
僕は、動画をうpしたあとは、多くの視聴者のさらに後ろから、遠巻きにそれを見守るくらいの立ち位置ですw
そんなスタンスだから、混じって一緒に幻想を見るという発想に至らないのかもしれない。

リアリティって大事ですよね。

ノベマスの立ち絵が断絶してるのも、
アイドルの体が切れてるとかありえないから! とか思っちゃいますねw

個人的にストーリー系のPVを作るときの自分ルールで、
コミュ映像の文字の部分は意図的なとき以外は隠すってのも同じような感じですね。
アイマスのゲームの部分が垣間見えちゃうと、
ストーリー系PVのPVの部分に綻びが生じちゃう気がしちゃうので。

でも、文字の部分も含めてコミュをダイレクトに使う動画は、
「あのコミュ」としての思い出が蘇るので好きですけどねw

Re: タイトルなし

>>ぷっつんP

そうねー、コミュ映像を使うかどうかっていうのも、結構ポリシー分かれるところよね。
まあ単純に気にするor気にしないのレベルが大半なんだろうけど、そこに眠る潜在的な意識があるのではなかろうか! などと深読みしてみたりもするw

まあ、見てる人からすれば「どうでもいいわwww」なこだわりって、結構Pにはあるもんだと思うし、Pからすれば「ええwwwwそんなこと気にするのwwww」みたいなこだわりを見てる人が持ってたりもするし、自分ルールは自分ルールだということを弁えた上でこだわるのがいいんじゃないかしら!
アンケート結果公開中!!
ニコマスライフに関するアンケート結果を公開中!!
どうぞご覧下さい!
こちらから
twitter
dbdbP
http://twitter.com/dbdbP
やよいが歌ってるだけbot
http://twitter.com/yayoi_utau
プロフィール

dbdbP

Author:dbdbP
PV系が主戦場。だけど他の畑にも行ってみたい。そんな繊細なお年頃。ネタ作品はあまり作らないけど、頭の中はネタだらけなの。
みんな甲乙つけがたくて誰が俺の嫁とか選べないけど、そこを敢えて断腸の思いで一人選ぶなら、間違いなくダントツぶっちぎりで春香さんですね常考。
リンクに連絡は不要です。好きにやっちゃって!
でも連絡を頂いたら、喜んで相互リンクさせていただきます。
※あまりにアイマス・ニコマス・dbdbPと無関係すぎる歪みねぇサイトはダメかも?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
dbdbとの連絡はこちら
作品マイリスト
RSSリンクの表示
リンク
ミテマスヨー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
こんちゃ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。