スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコマスアンケートを分析してみよう その6

本文中では、折に触れて集計データのお話が出てきます。
生データで確認しないと分からないことなどはともかく、アンケートページの結果グラフについての言及では、特に画像を貼ったりするようなことはしません。
お手数ではございますが、こちらから結果を見つつ、読み進めていただければと思います。

今日は、アンケートの設問のなかから「伸びたと思う再生数」について見てみようと思います。
なんか設問の順番とは違うところから突っ込んでますけどw

とりあえずとっかかりとして、気になるところからやっていこうかなーと。
僕は5000再生すれば、今のニコマスなら伸びた方なんじゃないだろうか? と思ってます。

まずはPや視聴者等、立場の違いで認識の違いがあるのかどうか、見てみましょう。

p-saisei.png

なんとなく、実際に自分の投稿した動画で再生数の伸びを体感しているPのほうが、現状に則した――低めの再生数を答えるのではないだろうかーと思ってたんですが、蓋を開けてみればPも視聴者も大して変わらないという結果でした。
生主と元Pに関してはちょっと回答の絶対数に開きがあるので、どこまで参考になるかは分かりませんが、しかし何れにせよ10000再生を超えた動画は、大部分の人間に伸びていると認めてもらえるようです。


さらに、今度は視点を変えてニコマス視聴開始時期で見てみると……

jiki-saisei.png
若干縮小表示されてますので、見辛い場合はクリックすると元サイズで開きます。

ニコマスを見始めた時期を基準に切り分けてみると、大きな変化として目につくのが、2009年下半期に視聴開始した層のデータです。
ダントツで1000再生で伸びていると感じる回答の割合が多く、逆に10000再生と答えた割合が最も少なくなっています。
やはり最近のニコマスの再生数事情を反映した結果なのでしょうか。
また、回答の絶対数は古い層ほど多くなっているのですが、全回答の八割を占める2008年上半期までに視聴を開始した層の中でも、時間の経過にしたがって1000再生と3000再生の回答割合が増えています。
まあその割に10000再生という回答が2008年上半期で増えていたりもしているので、一部を取り上げて全部を説明することはできませんが……。
それでも全体として時期を追って行くごとに、伸びたと思う再生数のボーダーが下降傾向にあるということは見て取れます。
これってやっぱり、ニコマスに入ってきた時期でニコマス観というか、数字に対する感覚が違っていたりする部分があるからなんじゃないのかな。

次に、好きなジャンルを基準に切り分けてみるとどうでしょう。
j-saisei.png
さらに縮小表示されてます! クリックで大きくしてね!

ジャンル別、と言ったところで、好きな動画のジャンルを複数回答可で選んで貰ったものなので、この回答というのは排他的ではありません。
全部にチェックした人もいるだろうし。
なので、ここからどれだけのことが読めるのかはちょっと疑問ですが、まあそれぞれのジャンルに親しんでいる人が、再生数に対してどのような意識でいるか、というのは何となくわかるでしょう。きっとw

一応、個人的な興味から、PVにチェックを入れなかった層(一番右端「NoPV」)のデータも出してみました。
PVとNoPVを比べてみると、その差は歴然ですねw
ですが、今やPV以外でも10000再生以上ぶっちぎっている動画というのはたくさんありますし、PVを普段見ないからといって、PVを見ている層と数字に対する感覚が大きくズレるというようなことはないんじゃないかと思うんですよね。
まあそれにしても綺麗に違いが出たなw って感じですが。
もう一つ興味深いのは、ランキングにチェックを入れた層は10000再生の回答割合が一番多いんですね。
やっぱり、ランキングに入るようないわゆる「伸びた動画」に親しんでいる影響なんでしょうか。
3000再生行けば伸びてるでしょー、という層も一番割合が少ないです。

あとは、演奏してみた・歌ってみた・踊ってみたの辺りですが、この辺は回答の絶対数が少ないのでまあ何とも言えません。

実はこの「伸びたと思う再生数」についての記事と、今朝書いた衰退論の記事とを絡めて本当は書きたかったんですが、あえなく分割されました、というねw

まあ今朝の記事の内容を繰り返すことになりますが、「動画がいっぱいうpされるし、企画の参加人数もいっぱいいるし、今ニコマスは盛り上がってるぜ!」という人たちと、「前は5000再生とか結構簡単だったのになー…最近は3000も厳しいなー」という人たちでは、論点が違います。
zeitさんの仰るように、これらは表裏一体の事象なわけですが、同じニコマスというジャンルの違う部分を見て主張を述べていては、話が噛み合いません。
色んな動画があって、好きな風に遊べて楽しいなあ!! と思う人もいれば、需要と数字を追いかけるのが楽しい人もいるということです。
僕も過去に万再生を超えた動画をいくつか持っている以上、かつてのように再生が伸びないことに寂しさがないと言えば嘘になります。
それくらい見てもらえるということは楽しい。
楽しければそれは十分正義になり得るのです。MADの世界では。
言い方は色々あれど、ニコマスに数字としての魅力があったことは事実で、それがかつてほどの輝きを放っていないことも事実です。
もちろん、ニコマスにはそれ以外の魅力がたくさんあることも事実ですよね。

だからきっとこれからも、ニコマスを盛り上げてくれるような素敵な動画が沢山出てくるでしょうし、その一方で、数字を求めて離れて行くPもいるんだと思います。
僕はニコマスの現状をして衰退と捉えることには反対ですが、『衰退論とか間違いだからもう黙ってろよ』みたいな言論統制的空気にはもっと反対です。
そんな風にニコマスが内なる作品的人材的思想的多様性を殺したとき、きっと真なる衰退が訪れたりしないでしょうか。

だって、ニコマスが繁栄していくか衰退していくかなんて、本当は誰にもわからないんですよ。
それは未来のことなんですから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アンケート結果公開中!!
ニコマスライフに関するアンケート結果を公開中!!
どうぞご覧下さい!
こちらから
twitter
dbdbP
http://twitter.com/dbdbP
やよいが歌ってるだけbot
http://twitter.com/yayoi_utau
プロフィール

dbdbP

Author:dbdbP
PV系が主戦場。だけど他の畑にも行ってみたい。そんな繊細なお年頃。ネタ作品はあまり作らないけど、頭の中はネタだらけなの。
みんな甲乙つけがたくて誰が俺の嫁とか選べないけど、そこを敢えて断腸の思いで一人選ぶなら、間違いなくダントツぶっちぎりで春香さんですね常考。
リンクに連絡は不要です。好きにやっちゃって!
でも連絡を頂いたら、喜んで相互リンクさせていただきます。
※あまりにアイマス・ニコマス・dbdbPと無関係すぎる歪みねぇサイトはダメかも?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
dbdbとの連絡はこちら
作品マイリスト
RSSリンクの表示
リンク
ミテマスヨー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
こんちゃ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。