スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコマスアンケートを分析してみよう その3

さて、分析記事三回目。
今回で各設問単体での所見みたいなのは終わらせたいところですが、文章量によっては次回までかかるかもしれません。

本文中では、折に触れて集計データのお話が出てきます。
生データで確認しないと分からないことなどはともかく、アンケートページの結果グラフについての言及では、特に画像を貼ったりするようなことはしません。
お手数ではございますが、こちらから結果を見つつ、読み進めていただければと思います。



質問5:あなたは以下のどれに該当しますか?
(ニコマスP・視聴者(見る専)・生放送提供者(生主)・元ニコマスP)

今回のアンケートで僕が最も注目していた設問の一つです。
もちろん、初回でも書いた通りデータが偏っているので、いまいち正確ではないと思われます。

ですがそれにしても、コアな層に偏った結果であろうこのアンケートでも視聴者層が一応は半数を超えているというのは、皆さんがアンケートの存在を広めてくださったからでしょう。
本当にありがたい!
もしこれが、僕個人の宣伝に終わっていたなら、恐らく現役Pだけで過半数を占めていたかもしれません。

結果としてトップだったのは視聴者(53.8%)。
それに次いで、ニコマスPが39%で2位。
3.1%存在する元ニコマスPと合わせれば、ニコマス界隈でアクティブな層の四割とちょっとが現役PorP経験者であるということになります。
自分の手で動画を作ってみると、普段何気なく流し見しているPVやノベマスが、実際にはどれだけの労力と時間をかけて作られているかよくわかるものです。
視聴者として見ていた頃には「すげーーーー!!!」と思ってたことが、実はとても簡単だったり、「こんなの結構やってる人いるし、大したことじゃないでしょ?」と思うようなことが、実はものすごく大変だったりする。
見た目の効果と制作コストは比例しません。
そういった視聴者の無理解というか想像力の欠如というか鈍感さみたいなものが、時としてクリエイターを殺すことがある。と僕は少なからず思っていますが、幸いなことにニコマスにはあまりその手の悲劇はないようです。
まあそれも技術的評価と作品的評価を混同するからいかんのですよって話ですが、それは今回のお題とは違う議論になるので置いておきましょう。

つまり何が言いたいかというと、こんだけPと元Pが多いってことも、コメが温かい一つの要因なんじゃないの? ってことです。
自分で苦労したことがある人が多いから、無思慮なネガコメが減るというか。
常に新鮮な娯楽を求める視聴者の、ともすれば冷酷な評価によってエンターテイメントが進化するのは一つの真実ではあったとしても、世の中贈与経済にはなりきれなくても基本的にギブアンドテイクで成り立ってます。
動画を提供する側だって、お金じゃないにしろ何か得るものがないとやる気がでないのは当然で、頑張って作ったのに同ジャンルに投稿してるプロの趣味作品と比較されて叩かれたんじゃあ、どんなに評価を気にしない人でも視聴者に対して失望感を抱きかねない。
まあ叩く人っていうのは叩く事自体に快楽を見出していたりする(簡単に褒めない俺SUGEEE!! みたいな)のかもしれないですが、「プロみたいな作品を求めるくせに金も払わない」ような視聴者の相手というのは、とてもうんざりするものです。
その点、ニコマスはとても恵まれていたとは言えないでしょうか。
作る側のモチベーションが維持されるような、そんな環境に恵まれていたように思うのです。
それは、ひとつはニコマスが数字的に伸びやすかったこと。
どんな内容でも、ニコマスであるというだけである程度の再生数が取れた時代もありました。今はもう違うと思いますが。
それからやはり、コメントが温かかったこと。
下手な動画を見て消えろと貶すより、そのPがさらに成長して次の動画で結果を見せてくれることを期待する文化があったこと。
ニコマスが巨大なジャンルに膨れ上がった原因のすべてを列挙することは難しいですし、上の二つ以外にも様々な要因があるはずですが、うp主が育つ環境が比較的良好だったのが、ニコマスであったように思います。

それ故の、このP率なんじゃないでしょうか。
まあ、例えばボカロ界隈のP比率がどれくらいのものなのかとか一切見当もつきませんし、そもそも実情はもう少しP率低いはずですから、なんとも言えない部分もあるにはあるんですがw

なんかこう、コメの温かい動画とかを見てみんな優しいなあとか思ってても、実は蓋を開けてみれば積極的にコメをつけるコア層(ニコマスの常連さん)だったりして、でコア層は早い段階で動画に到達するので、先に温かいコメをつけてて、後から見た人はすでについてる温かいコメを見ると、それを乗り越えてまでネガコメを打ってやる!! というよほどのひねくれ者じゃない限りは、温かい目で見守ってやろう…という気になるとか?w
やっぱり先についてるコメントの内容に影響を受ける部分ってあると思うの。
Pやってれば、たった一つのネガコメで100の「GJ!!」が帳消しになることがあることもわかると思うんです。
視聴者だって、コメによって動画が良くも悪くもなってきた前例をいっぱい見ているはず。
初見コメ消し推奨タグの存在って、それが良い意味にしろ悪い意味にしろ、コメの影響力の大きさの証明だと思うから。

だから、そういう界隈の居心地の良さみたいなものが、このP比率に現れているんじゃないかなあと。

あと、生主が3.2%に留まったことは、ちょっと意外でしたね。
僕も作業用BGMにしたり、休憩中に1枠だけ、みたいな感じで結構気軽に生放送を視聴しますが、あんなに毎日ひっきりなしに行われている生放送の放送者が、コア層偏重の今回のアンケートにおいてもたった3.2%だったとは。
まあ、ニコマスPもやってる人はニコマスPを選んでもらったので、もしかしたらニコマスPの中にもっと兼業生主がいるのかもしれません。
でもそうすると素朴な疑問なんだけど、あんなに生やってて動画作る時間はあるのだろうか?w

まあ実際はパレートの法則よろしく、少数の生主が大多数の枠を手がけているような状況なのかもしれません。


質問6:あなたは一ヶ月に、平均何本程度ニコマスを視聴しますか?
これもまた、僕が注目していた設問ですね。
僕は月50本に届かない程度の視聴本数だと思います。
生放送を入れるとちゃんと見てるのは月100本いかないくらいかなーって感じ。
で、この結果を見てみると、みんな想像以上に見てないのよね…。
このコア層に偏ったアンケートですら、全体の約四分の一が月11本~50本(26.2%)。
つまり一日平均二本見てない。
さらに少し範囲を広げると、実に65.4%が一日平均五本見てない。

これってどうなんでしょう。
コア層はPが多いから、自分の制作で時間を取られて視聴本数が減ってしまっている結果なのでしょうか?
でも現役Pは39%なのに対して、こちらは65.4%なわけで…明らかにそれ以上の層が、動画を一日平均五本見てないということになってしまいます。
一日五本っていうと、PVならいいとこ15分前後でしょうし、ノベマスとかでもまあ長いの避ければ1時間以内で済むだろう本数です。
それで平均五本見れないって、どれだけ忙しいの僕?! とちょっと自分のことながら笑ってしまいましたが、まあ厳密に視聴時間が確保出来ないかは別として、本当に仕事が忙しい時なんかはちょっとニコマスを見る気力がないなんてことはあったりします。

この点に関しては、やはりニコマス動画に対する視聴者の飢えというか、新作への渇望が薄らいでいるような部分があるように思えますね。
まあ以前の灯台下暗しの記事でも軽く触れたし、日曜に朗読さんとだらだらと話したので、ここではあまり掘り下げませんw

ただ、これは朗読さんにも言ったんだけど、この「実はみんなあんまり見てない」という事実がデータによって明らかにされてしまうことで、「なんだ、俺って普通じゃん」とか「あー、ニコマスもそろそろやばいな…」とか、なんかそういう風潮を呼び起こすトリガーにこれがなってしまったとしたら恐ろしいなと。
いや、そんなことはないと思いますよ! 僕もこのブログも、そんな知名度ないはずだからw


質問7:アイドルマスターカテゴリにおいて、あなたが好きな動画は何ですか?(複数回答可)
はい。こちらに関しては、「なんで手描きが入ってないんだよ!!」というご指摘を多数いただきました。
正直、すっかり忘れてました。申し訳ありません!
でも少しだけ言い訳させてもらうと、手描きって僕は手法の一種だと思ってまして。
要は、手描きで何をするのかによって、ジャンルに分かれると思うんですよ。
それがPVならPVだし、みたいな。
ほら、AE使って作った動画をAE動画というジャンル分けにしたりはしないような、そんな感じです。
じゃあ何で紙芝居が無いんだって話ですが、ええ、そうです。すっかり忘れてましたorz

たぶん、その他が多いのはニコマスの多様性+手描き入れ忘れのせいではないでしょうか。
複数回答だったとはいえ、その他が15.2%ですからねw
結構代表的なジャンルは網羅したつもりではいたんですが、それでもその他がこれだけ伸びるというのは、ニコマスの奥深さをここに見た気がします。

そして、結果としてやはりダントツのトップだったのはPV(84.7%)。
まあ納得の結果というか、なんというか。
これでPVが一位じゃなかった日には、僕の中のニコマス観がエメラルドスプラッシュするところでした。
それに次いで、ノベマス(55.2%)、架空戦記(51.7%)が続くあたり、ノベカクの視聴者層は一部に限られるという以前よりの定説が崩れつつあることを感じますね。
また、その次に支持されているのがRemix・mashup・音弄り系(38.6%)です。
まあちょっと括りが大雑把だったので、ネタ的な音MADからガチの楽曲作品まですべてまとめてこの選択肢ということになっているんですがw

それにしても、PVを選ばなかった人が15%くらいいるのがとてもびっくりです。
この設問は複数回答可で、要は明確に「興味が無い」とか「殆ど見ない」とかってことがなければ、「まあ見るっちゃ見るかなー」てな感じでチェックが増えてもおかしくないはずなんですが、確固たる意志でPVにチェックを入れない層が存在するんですねえ。
別にPVマンセー! とか言いたいわけではないですし、PV至上主義でもないんですが、個人的にPVの魅力ってそのままアイマスの魅力にも繋がっていく部分があると思うんですよ。
そりゃ一言にPVっていっても千差万別だし、これのどこがアイマスだよwwwwwってPVもありますが、やっぱりアイドルの魅力やアイマスのステージの延長線上にあるのがPVの根っこだと思うし、僕はPVを見てるときに一番純粋に「ファン」になれる気がするのです。
だから、PVに興味が無い、PVを普段見ない人たちの存在ってとても興味深いんですよね。
なぜ興味をそそられないのか、なぜ見ないのか、聞いてみたいところです。

もちろん、今後の分析でPVにチェックを入れなかった層がどのような特徴を持っているのか、というようなことも見ていきたいと思っています。

一部、これを択一問題にしたら本当に人気のあるジャンルがわかったんじゃないか? という意見もいただきましたが、たぶんそれをするとPVの圧勝で終わってしまうような気がしたので、複数回答可に設定しました。


質問8:あなたが視聴する動画を選ぶ際に、注目する要素はどれですか?(複数回答可)
こちらも複数回答質問でした。
この設問に関しても、「P名を入れて欲しかった」、「ニコレポがない」等色々とご意見を頂きました。
まずこの選択肢ですが、これはニコ動で「アイドルマスター」タグで検索したときに、検索結果の画面から得られる情報です。
P名等の検索に引っかかった動画についている他のタグ、というのは検索結果の画面では見えませんので、選択肢に加えませんでした。
ただ、後の設問の結果から、みてれぅチャンネルを使う人が多い現状で、ニコ動の検索結果画面を基準に置いたのがそもそもナンセンスである。というような批判はなされ得るかもしれません。
まあ、率直な気持ちとして、仮に多くの人がP名で検索しているという結果が出たところで、「じゃあ僕らはどうすりゃいいんだ」というと、どうしようもない気がしたのでw
ニコレポに関しては、僕が殆ど使ってないので思いつかなかった、というのが一番大きいですが、予めPをウォッチリストに入れないと受信出来ない、という意味ではP名検索と同等であるように思えます。

さて、結果について見ていくと、飛び抜けて7割以上の回答を得ているのがタイトル(79.3%)とサムネイル(70.5%)。
まあこれを気にしないというのが少数派であることについては議論の余地もないでしょう。
逆にタイトルやサムネイルはどうでもいいぜっていう層がどういったところを重視するのか、その辺を後の分析で見てみたいところです。
意外にも半数以下に留まったのが、再生数(42.8%)です。
過半数の人間が、再生数を気にしてないんですね。
まあ再生数というのは時間に比例して増えますから、今伸びてなくても今後伸びていくこともありますしね。
それに、昨今は再生数が伸びてない動画の中にも良い作品がわんさかありますから、そういった現状を踏まえての結果なのでしょうか。
また、長い動画は見られないとよく言われてはいるものの、実際に再生時間を気にする層は25.8%で、複数回答可という条件にも関わらず四分の一程度に留まりました。
まあたとえば再生時間1時間のノベマスをその長尺を気にせずに視聴出来るかと言われたら、それはちょっと厳しい気もしますが、基本的には興味さえそそられれば、再生時間が長くてもそれほど大きな弱点にはならないということなのかもしれません。
むしろ再生時間よりは投稿者説明文を気にする層が多いのに対し、僕らPの意識としては再生時間>投稿者説明文であるように感じますね。

もちろん、このデータがコアな層に偏っているために、再生時間が長くても見るぜ! っていう人が多くなっている可能性は十分にあります。

こうして結果を見てみると、再生数やコメント数、マイリスト数等のいわゆる「動画の数字」の中では、マイリスト数(44.8%)が最も意識されていることがわかります。
再生数よりは、その動画をすでに見た人の評価であるマイリスト数のほうが期待値として信頼できるということなのでしょう。
しかしそれにしても過半数には届かない結果となっており、少なくともコアな層は、今や動画の数字で動画を選ばなくなりつつあるのかもしれません。
また、その他(23.2%)には恐らくP名だとかが入っているんでしょうが、ニコ動の検索結果画面には無い情報を重視する層が五分の一以上存在することも非常に興味深いところです。

あとは、広告金額ですね。
広告ってやっぱりお金を払ってまで入れてくれているわけで、Pとしてはすごく嬉しいものです。
でもそれがどれだけ動画のまさに「広告」となっているのか、その効果については多少の疑問を感じています。
ニコニ広告のランキングに入れば、そこそこの効果は出そうですが、少なくとも検索結果の画面に金ピカの動画と広告なしの動画が並んでいたとしても、それによって視聴意欲が左右されるということはあまりないようです。

あー、今気づいたけど、注目する要素に「広告のコメント」も入れてもよかったかもしれないですねw
あとは、実際どう影響するのか難しいところですが、投稿日時とかもあってもよかったのかも。
まあ今更どうしようもありませんが、その辺りを重視する層が、もしかしたらその他に入っているのかもしれません。


と、ここまでで質問8、全体の三分の二の設問を単体で考察したわけですが、ちょっとまた記事が長くなってきたのでこの辺で一旦切りましょう。
次回で設問単体での考察は終わらせたいところです!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ニコレポはマイリスト登録も公開している人だと、P名関係なしに追えることがありますねー。僕のを見てる人はそういう効果を期待してウォッチ登録している方もいるようです。
ニコレポフルオープンだとこんな感じに見えます。
http://www.nicovideo.jp/user/623904

Re: タイトルなし

>>Seiさん
あ、そっかw
そういう動画の経路もあり得ることを、すっかり忘れてというか、全然思い当たりませんでした。
それだけ僕が活用してないってことなんでしょうけど…

となると、確かにニコレポはある程度独立した経路として考えて良さそうだなあ。
人の公開マイリストとか、そういうのを見て動画を選ぶことも可能ですね。
それは、口コミとか紹介ブログの類型とも見れるのかな?
いずれにせよ、漏れていた要素であることには変わりありませんね。
ご指摘ありがとうございました!

PVを見る、見ない

> それにしても、PVを選ばなかった人が15%くらいいるのがとてもびっくりです。
PVを見ない……というか、進んでは見ない派の一人です。
理由はとても簡単で「キャラクターと違う声で歌われるのに違和感があるため」です。

Re: PVを見る、見ない

>>匿名希望さん

なるほど。確かに、あまりにも慣れすぎて今更違和感なんて欠片も覚えませんが、僕も本当にニコマスを見だした初期のころは、声の違いに違和感を覚えていた記憶があります。
今となっては、本当に何も感じませんがw
その違和感を常に覚え続けている方も確実にいらっしゃるということですね。
ある意味で、今の僕には想像もできなかった理由でした。
貴重なご意見、本当にありがとうございます。
アンケート結果公開中!!
ニコマスライフに関するアンケート結果を公開中!!
どうぞご覧下さい!
こちらから
twitter
dbdbP
http://twitter.com/dbdbP
やよいが歌ってるだけbot
http://twitter.com/yayoi_utau
プロフィール

dbdbP

Author:dbdbP
PV系が主戦場。だけど他の畑にも行ってみたい。そんな繊細なお年頃。ネタ作品はあまり作らないけど、頭の中はネタだらけなの。
みんな甲乙つけがたくて誰が俺の嫁とか選べないけど、そこを敢えて断腸の思いで一人選ぶなら、間違いなくダントツぶっちぎりで春香さんですね常考。
リンクに連絡は不要です。好きにやっちゃって!
でも連絡を頂いたら、喜んで相互リンクさせていただきます。
※あまりにアイマス・ニコマス・dbdbPと無関係すぎる歪みねぇサイトはダメかも?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
dbdbとの連絡はこちら
作品マイリスト
RSSリンクの表示
リンク
ミテマスヨー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
こんちゃ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。