スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素晴らしき無駄な努力

って、美しき青きドナウと似てる。
気がしたけど、改めて考えてみるとそうでもなかった。

無駄な努力とか、才能の無駄遣いとか、そういうタグってよくあるじゃないですか。
この間のわかむらさんのインタビュー記事でもあったけど、アマチュアの人だけじゃなくて、その道でご飯食べてるプロの人だってニコ動には混ざってるわけで。
まあプロじゃなくても、プロでも通用するレベルのものを作り上げてしまった動画ってのはいっぱいありますし。
その技術や発想の代価として金銭が発生してもおかしくないような素晴らしいものって、今のニコ動にはたくさんあると思うんです。

書いてたら長くなったので以下格納しますw


しかしニコ動ではそこに報酬が発生することはないわけで、それこそ商業でやれば下手なプロより評価を得そうなものが、無償でほっぽりだされてたりするんですよね。
僕は、リアルでの仕事は別にクリエイターでも何でもないので、そういったクリエイター業界のことってよくわかりません。
ニコ動が、クリエイターとしてデビューするためのいわゆる登竜門として、どのように機能しているのか、またどのように機能することを期待されているのか、ということにまともに言及はできそうもないです。

ただ、クリエイター側・プロの業界側からではなく、MADや同人に関わる素人として一つ思うのは、「僕らがこんなにも熱中できるのは、効率と実績を追い求めるこの世界において、ここだけが無駄と無意味のパラダイスだったからではないだろうか」ということなんですね。
他人の原作無断で借りてどんなすごいものを作り上げたところで、そんなの無駄で無意味なんですよ。
道義に反するし、一創作者の精神性としても、一流に程遠いことは目に見えている。
評価なんてされない、価値なんて生まれない。そういうもののハズだった。MADというのは。
アングラであり、サブカルであるハズだった。同人というのは。
まともな損得勘定が出来る人間ならおよそ思いつきもしないような、過激な労力の無駄遣いに、僕らは「やってみたいというだけじゃできない、現実の窮屈さや理不尽さ」を打ち破る快感を見るのです。

ところがここ数年でMAD文化というのはぐっと一般化を果たし、その馬鹿げた遊びが一般社会の中で価値を獲得しようとしています。
優れた技術や能力を持つ人が、そういった無駄な努力で人を楽しませて来た人が、報酬を得ることも不可能ではない社会が来ようとしています。
僕はこれを否定したいわけではありません。
むしろ喜ばしいことだし、僕自身が大好きであるこのMAD文化というものが、もっと多くの人々に受け入れられ、認知され、ただの非社会的なオタク層だと思われている人間たちがその実どれだけ才知とウィットに富んでいるかということを、知ってもらいたいと思っています。
世の中もうちょっと遊びに寛容になったほうがいいんじゃないかなーなんて。

ただ、ですよ。
しかし、ですよ。
無駄な努力に実は価値があるんじゃないか、この先価値が生まれるんじゃないか、というかすでに価値が生まれていることを知ってしまうと、もうそれは無駄な努力じゃなくなってしまうんですね。
作りながら「うわぁ…俺何やってんだろ…」と素に戻って自省するような瞬間がなくなってしまうんですね。
こういう現象は、もうすでにニコマスでも浸透しているわけですが。
ニコマスでは、まあその動画の内容上、Pが自分の動画を引っさげてプロデビュー!! なんてことは起こらないわけですが、それにしても巨大なニコマスコミュニティの中には緊密なP同士・あるいは見る専との人間関係が成立しています。
外の世界では何の価値も持たない努力が、またはそれによって生まれた違法(笑)動画が、ニコマスという社会の中では価値をもち、Pの評価に繋がり、ニコマス内での地位に影響し、何か自分自身の居場所を切り開くための武具であるかのような錯覚すら見せてくれるのです。

僕は、この構図に違和感を覚えざるを得ません。
だって、「あんたバカだけどすげーなwwwwwwww」って言えなくなったら、それってもうMADとして楽しくないような気がするんです。
もしニコマスの内にある種の価値が生まれて、その価値の為に努力し、技術を磨き、時間を費やすのだとすれば、それはべつになにもすごくはないのです。
すごくはない、というと語弊があるかもしれません。
厳密には、この世界の、一般社会のなかで行われている人間の妥当な損得勘定による営みに比べて、相対的に何もすごくないのです。
自分がその価値や評価を得るため、損得勘定の上で得をするための行動にすぎないからです。
褒められるからやるのは、ふつうじゃないですか。誰もそれをおかしいとは思いません。
報酬があるからやるのは、ふつうじゃないですか。報酬があるなら、僕は努力も苦労も見合う分だけ受け入れます。

でもMADってそうじゃない。
もしわかむらさんがWR3を、インタビュー記事にあるようにプロとして発注を受けて、500万円で制作したのだとしたら、あのクオリティと技術に対する評価は些かも変わらないとしても、MADとしては何の魅力もないんですよ。
それを、無償でやっちゃうから「ありがとうございます!! でもなにやってんすかwwwwwwwwバーカバーカwwwwww」って言えるんです。
例えば僕がポケットマネー(がそんなにあればいいけどw)を投じてプロに発注して、ものすごいPVを作ってdbdbP名義でうpしたところで、そのMAD的評価は「なんでそんなことに金使ってんだよwwwwwwwww」ということであって欲しいのです。

ところが、今のニコマスはそういう感じじゃないんですよね。
わかむらさんのWR3に「なにやってんすかwwwwwwwwバーカバーカwwwwwwww」とか言う空気じゃないんですよ。
もうニコマスという社会の中でそれは立派な価値を持ってしまっていて、Ridgerさんに対して「すごいセンスと技術を持った愛すべきバカ」とか言うと怒られるんですよ。
もうMAD動画は作品と化していて、いわゆる頂点P達は王なわけです。
そこには尊敬と崇拝と憧憬があって、彼らがした無駄な努力はそこにおいて価値を持ってしまっている。
そして無駄な努力が実は無駄じゃないということになったわけです。
少なくとも、ニコマスの内側では、価値あるものになったわけです。

それはそれでいいんです。
先に書いた通り、代価を得るための努力や苦労は、人間として当然で、理解もできます。
否定することじゃないし、僕だって努力したなら代価が欲しい気持ちもあるし。

でも報酬を予見しての努力によって、僕らが最初に見て感動した無駄な努力を、そこにあった笑いや衝撃を、再現出来るなんて思えないんですよね。
例えば、今ニコマスPでAEを持ってる人って結構いると思うんですよ。購入を検討してるって人もかなりいるはず。
AEじゃないけどPrなら持ってるってPなら、もっといるのかもしれない。
でも、それらのソフトって高価じゃないですか。
アカデミックパックで買うとかならともかく(それでも学生さんには結構な出費だし)、簡単に手を出せるものじゃない。
かく言う僕も、AEを導入する際はかなり覚悟が必要でした。
これを買う以上、後戻りは出来ないというか、払った金額以上に活用しなければならないな、という強迫観念みたいな。
きっとニコマスから離れたとしても、僕は何かしらでAEを使っていくでしょう。
それくらい、この投資を無駄には出来ない、と思っています。
でも僕がAEを導入した当時と、今現在のニコマスでは、何か投資への抵抗感が薄れているような気がするんですね。
要は、「これが無駄になるかもしれない」という恐怖が薄れているというか。
いや、僕も無駄にはできないとか思ってるし、無駄になると確信して買ったわけじゃないんですが、「無駄な努力のための無駄な投資」という認識ではないんですよね。

AEがあれば、もっとすごいものが作れる。
しかし、どんなすごいものを作っても、それによって報酬が生まれるわけじゃないんです。
何本動画作れば、AEへの投資をペイできるな…とか、そんな計算成立しないんですよね。
ところがニコマス内では、すごいものを作ると当然評価されるし、地位も向上するし、居心地はよくなる。
そのためなら、多少大きな出費でもお金で買えるモノなら買ってもいいかなーなんて思っちゃったりしますよ、そりゃ。
それくらい、ニコマスは一つの社会として出来上がっている。

と同時に、MADとしては変質しているのかもしれません。
もう無駄な努力も才能の無駄遣いも、ニコマスにはないのかもしれません。
それらが真っ当に有意義な努力として、才能の有効活用として評価されるのかもしれません。
繰り返しになりますが、僕はこれを否定したいわけじゃないんです。
ただ、コピーがオリジナルを超えることがないように、「無駄な努力が生み出した感動や笑いを、報酬を予見した努力が再現することなんて出来ないんじゃないか」と思っているだけなんです。
そういう僕の職人気質みたいな。
僕はいつも、「いや、すごいけど…これはさすがにバーカバーカwwwwww」と言われたい。
この発想はなかったわwwwと驚かれたい。
僕の活動はその最後の最後まで、ただの遊びで、無駄で、無意味であって欲しい。
なんて本気で思ってるかと言ったら、「そう思っていたい」という願望程度ですけどw

MADの面白さ、楽しさって、そのクオリティにあるんじゃないと思うんです。
好きなことのために、報酬も何もないのに努力や時間や出費を惜しまない、その精神性にあると思うんです。
でも今は、むしろクオリティこそが価値基準になりつつあるような気がします。
そしてだからこそ、商業への、プロへの道も開けようとしているんでしょうね。
それはある意味で歓迎されるべきことだし、この人プロになればいいのになwww とか思う人っていっぱいいますしw
でもそれはそれとして、何の得にもならない、社会的な生産性なんて何もない、お遊びの世界としてのMADっていうのが好きな僕みたいな人間からすれば、この大きな流れの中で実はMAD文化自体は相も変わらずアングラでありサブカルであり続けるのかなぁ、と感慨に耽ってみたりするわけですね。

この古典的なというか本来的なMADと、商業化、プロフェッショナル化へと向かうMADの二大潮流は、渾然一体としながらも本質的に別物であるような気がします。
これが今後二つに別れていくのか、やはり依然混沌としながら、外から見れば巨大な魔境として広がり続けるのか、それはわかりません。
わかりませんが、この巨大なMAD文化の中で、僕はどのあたりにいるんだろうとふと俯瞰してみると、なんだか僕は案外原理主義的というか保守的なところにいるようでしてw
みなさんは今ご自分がどこにいるか、把握していらっしゃいますでしょうか。
この機会に一度俯瞰してみると、「あれっ、俺ってこんなところにいたの?w」ってな驚きがあるかもないかも?
ほら、僕みたいに新しいもの大好きだぜうっうー!! とか思ってたら保守的だったりするかもしれないし!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「無駄な努力のための無駄な出費」というフレーズに笑いましたw
ホントにその通りですよね。 
普通の人に言ったら「頭大丈夫か?」と思われるような金の使い方ですよねw
でも、僕はAEとかPCを買ったことを後悔したことは一度もありません。

それは、ニコマス内での地位が~ってのもきっとゼロではありません。
そりゃ人間ですから褒め讃えられて悪い気はしません。
でも、やっぱり一番の理由は、VS12とノートPCで実況やPV作ってた頃、
その時に僕の動画を良いって言ってくれた人達に、
より良いものを提供できた、喜んでもらえる動画を作れた(本人だけの勘違いかもしれませんが)という事ですね。
その部分が今でも一番嬉しい事だと思ってます。

ニコマスの社会性を否定するつもりはありません。むしろ良いことだと思います。
でも、社会性ができればその分、社会の中のしがらみも生まれるわけで、
単なる楽しむための遊びであったMAD作りという趣味が、
いつの間にか別の方向に向かって、純粋に楽しめない物になりつつある、
というか既に純粋には楽しめていない自分がいるかもしれません。


愚痴っぽくなってきてしまった汗
何が言いたいかというと、dbdbPのブログマジ最高!!笑

Re: タイトルなし

>>ぷっつんP
こんな長文を読んじゃうなんてぷっつんったら物好きネ!w

100%自分だけのために動画を作ることも、100%他人のために動画を作ることも、出来ないんだと思うんですよ。
どちらかに振り切れようとしても、どこかに矛盾が生まれてしまうような感じで。

大事なのは、どうにかしてどちらかに振り切れることではなく、「どちらにも振り切れずにいる」曖昧な状況で、それを自覚することなのかなーとか思ってます。
なんか僕ももっとニュートラルに楽しめるといいよねーって自分に言い聞かせたいわーw

うぇーい、長文コメント書けないw

昔々に、どこかの名も知れぬうpロダで誰かが作ってさらしたアニメMADをダイヤルアップで頑張って落として、「すごいけど、ばーかばーかwww」と言っていた頃の自分と、今の自分をふと見比べてみて、「変わっちまったなあ」と半分くらい思う今日この頃です。

最初に自分が持っていた感覚と、時間が経ってから同じものに抱く感覚は変容してきているはずなんだけど、それが徐々に徐々に、ゆっくりと進むものだから、つい同じだと錯覚してしまう気がする。この記事みたいに、ばっと引いて見るきっかけでもない限り。

そして、こういうふうに考えていたことを「そうそうこれ、これだよ」と書いてくれる人がなんでいるかなあwもうw また会って話したくなるじゃないw

Re: うぇーい、長文コメント書けないw

>>朗読さん
へへへ、こっちへ来ることがあったら呼んでくれれば、いつだってホイホイ会いにいっちゃうぜ?
朗読さんとは、がっつり語り合うと本当に丸一日かかっちゃうかもなあw
アンケート結果公開中!!
ニコマスライフに関するアンケート結果を公開中!!
どうぞご覧下さい!
こちらから
twitter
dbdbP
http://twitter.com/dbdbP
やよいが歌ってるだけbot
http://twitter.com/yayoi_utau
プロフィール

dbdbP

Author:dbdbP
PV系が主戦場。だけど他の畑にも行ってみたい。そんな繊細なお年頃。ネタ作品はあまり作らないけど、頭の中はネタだらけなの。
みんな甲乙つけがたくて誰が俺の嫁とか選べないけど、そこを敢えて断腸の思いで一人選ぶなら、間違いなくダントツぶっちぎりで春香さんですね常考。
リンクに連絡は不要です。好きにやっちゃって!
でも連絡を頂いたら、喜んで相互リンクさせていただきます。
※あまりにアイマス・ニコマス・dbdbPと無関係すぎる歪みねぇサイトはダメかも?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
dbdbとの連絡はこちら
作品マイリスト
RSSリンクの表示
リンク
ミテマスヨー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
こんちゃ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。