スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノベマスについて考えてみる。その3

ノベマスについて考えてみる。その3 でございます。
本当ならノベマスについての雑感をちょっと書いて終わるはずだったのに、いつの間にか三夜連続企画みたいな感じになっちゃいましたねw
まあ、これを書いてる時点で本当に今夜で終わるのか微妙なところだなと心の片隅で苦笑してたりしてなかったり。
とにかく、昨日の続きだよ! 今回が本番だよ!
ようやく本題だーw


●ノベマスは簡単なジャンルなのか?

えー、何が言いたいのかと申しますと、昨日の「その2」で、ノベマスはまず見る側の人間が増えたから、自然と作る側の人間も増えていった。というようなことを書きましたよね。
これは別に間違いだとは思いません。この順序が逆であることはないはずです。
ただし、ノベマスP人口が増えたのは、このプロセスによってだけではないのではないか。とも思うのです。
つまり、「ニコマスをやりたい! けど自分に出来そうなのはとりあえずノベマスくらいしかない!」と言う理由で、とりあえずノベマスを選んでPデビューをするようなパターンです。
この辺の事情も実況プレイ動画と同じですね。
手描きMADにはスキルが必要だし、PV系を作るにはそれなりの編集・加工ソフトと知識とノウハウとPCスペックが必要です。
でもノベマスなら、何かシナリオを書いて、素材を調達して動画にすれば、体裁は整います。
うん、特に技術も知識も経験もない自分が最初にやるMADとしてはノベマスが最適だ!
という安易な考えから、ノベマスPデビューをする人が少なからずいるのではないか? と思います。
ここで誤解なきように断言しておきますが、dbdbはそういった人のことを批判するつもりは毛頭ありません。
元から趣味の世界、好きでやってるだけのMAD制作です。
その人がやろうと思ったなら、ノベマスをやるのはその人の自由ですから、dbdbはそれでいいと思ってます。
ですからこの文章は、現在ノベマスPとして活動されているいかなる個人に対しても言及しません。
その点だけはどうかご理解ください。

少し話が逸れましたが、ノベマスって、ガチPVや手間のかかった手描きMADとか神懸り的なネタMADと比べて、「なんだか簡単そうに見える」んですよね。
いや、確かに技術的な部分では比較的「簡単」かもしれません。
ですが、それはイコール作るのが「楽だ」ということでは決して無い。
自分もノベマスを作ったことはありませんが、別の名で同人ゲームを作ったりしてます。
どうと言うことは無いギャルゲーですから、作るのにはそんなに技術はいりません。
ですが、制作が楽だなんていうことは絶対にありません。

文章で人を感動させると言うことが、どれだけの訓練、知識、センス、労力の結実であるか、殆どの人は知らないのです。
一から構想を練り、プロットを立てて執筆し、推敲を重ねて思い悩み、シナリオが完成すれば今度は物語の動画化という手間のかかる作業が待っています。
たかが数分、十数分の時間誰かを楽しませる為に、その何十倍、何百倍もの時間を費やす。その点においてはノベマスだって他のニコマスだって何の違いもありません。

ニコマスは楽しいですが、同時にしんどいものなのです。
ニコマスをやりたいけど、できるだけ「楽がしたい」からノベマスを選ぶようでは、生まれる作品なんてたかが知れています。
それで結局評価されずに凹んでPをやめていくのはその人の自由ですが、それじゃあんまりです。
せっかくアイマスと出会ってニコマスに魅了されてPを志したのなら、苦労は承知でその愛を形にして欲しい。
自分はそう思います。

繰り返しになりますが、ノベマスは確かに比較的簡単かもしれませんが、決して楽ではありません。



●MADの飽和状態

これはいわゆる、視聴者の目が肥えた状態であり、うp主の感覚が麻痺した状態です。
今やニコマスはニコ動でもその技術力において名を馳せている通り、以前のMADからは想像も出来ないようなクオリティを獲得しています。
つまり、以前の感覚なら十分賞賛されて然るべき質のMADが「この程度は当たり前」と称される時代になっているのです。
PVで言えば、キャラの抜きなんて当たり前、基礎的なシンクロなんてしてない方がおかしい。衣装チェンジやオールスターは最早伝統芸になりつつあります。
ノベマスでも、立ち絵の細かな変更は当然、秀逸なBGMやSE、手描きの一枚絵だってもう珍しいものではなくなっています。
作る側としては、苦しい時代になったものですw
ですが、これは本当に「この程度は当たり前」と思われて仕方の無いことなのでしょうか。
すでにそういう風潮がある中で、それに異を唱えることにどれだけの意味があるかはともかく、自分は何か釈然としないものを感じます。
一般企業が商業作品として、消費者の要求に応じ、また市場の技術レベルに先駆けようと企業努力をすることは確かに義務でしょう。
ですがMADの世界で、この程度は当たり前、というような満たすべき最低水準を設けるのは間違っていると思うのです。
下はどこまで低レベルでも、自由に創作し、自由に発表し、自由に楽しむことができるのがMADの世界の醍醐味ではないでしょうか。
クオリティ向上の義務なんて一切ありません。空いた時間に好きに作って、それを発表して同好の誰かが楽しんでくれる。そんな世界なのです。
だからこそ、普通では考えられないような努力や労力、技術や資金を投じて作られたハイクオリティなMADが賞賛されるのです。
ただの趣味の世界でそれをやるからすごいのです。
それが義務によるものだとしたら、何もすごくないじゃないですか。
これはdbdb個人としての提言でしかありませんが、我々はMADを見るとき、何の義務も持たないにも関わらず愛情を理由にそれを作った作者に、同好の者として敬意と感謝の念を忘れてはならないのではないでしょうか。
飽和状態になりつつあるニコマスにおいて、正常な感覚を保つことは難しいかもしれません。
しかしもしニコマスが、愛はあってもまだ技術や知識がないPを嘲笑する場になるのなら、そんなジャンルが近く衰退するのは目に見えています。

このMADの飽和状態はなにも視聴者だけに影響しているのではなく、自分を始めとするニコマスPにも影響を及ぼしていると思います。
動画を投稿する側も、この飽和状態によって感覚が麻痺しているのです。
例えばランキングをチェックして、その日人気の動画を探したとします。
そこには何十万という再生数と、何千・何万というマイリス登録数を誇る動画たちが並んでいます。
それらを日常的に見ることによって、自然と「人気のある動画=再生数数十万でマイリス数万」というイメージが出来上がってしまうのです。
ところが自分の投稿した動画を見てみると、再生数は1000ちょっとでマイリスは10人くらい…。
あまりの落差に泣きたくなります。
ですがちょっと冷静になりましょう。
再生数1000とはそんなに少ない数字ですか?
1000人ですよ。1000人。のべ1000人もの人が、あなたの作った動画のために時間を割いて、注目して、集中して、興味を持って、クリックして見てくれたのです。
マイリスが10人ということは、10人もの人があなたの作った動画を「もう一度見たいな」と思ってくれたということですよ。
これって凄いことじゃないですか?
だって誰もあなたの動画を見る義務なんて無いのに、1000人も見てくれて、そのうち10人は特に気に入ってくれたんですから。
ランキングに並ぶような怪物動画の数字に毒されて、常識的感覚が狂うのも仕方がありませんが、数字の重みをよくよく想像してみると、500や1000の再生数でも十分ありがたい数字なのです。
それを忘れて、今自分の動画を見てくれている人たちを見ずに上ばかり見ているようなみっともない真似は、ニコマスPとして慎まなければならないと思うのです。



●ノベマスの未来とは

なんか大仰な見出しがつきましたがw
昨日の次回予告で書いてしまったのでしかたありません。何やってんだ昨日の俺はw
別に予言者でも未来人でもない自分がこういうことを書く以上、これは一個人としての単なる見通しに過ぎません。
それが結果的に正解だろうと不正解だろうと、それはどうでもいいことで、大事なのはこれからどうしようねー。と考えることだと思うのです。

ノベマスについて考えるとき、一つ思うのは「進化がない」という点です。
かつてノーマルPVとコミュ動画しかなかったニコマスがやよぴったんによって新機軸を得たように、えこPのGO MY WAY!によってキャラ抜きという新次元が開けたように、MADの世界では突然変異的開拓者がその時その時に新たな扉を開いて来ました。
ですがノベマスはどうでしょう。そのような新たな機軸、新たな次元への進化があったでしょうか。
少なくとも、自分は知りません。
細かな演出手法の進化はあったかもしれませんが、基本的にみんな同じことの繰り返しであるように思えます。
ノベマスの定義は「文章表現を中核とした、アイマスへの愛の溢れる作品」というシンプルなものでしかないのに、それ以上の色んな拘束を、P自ら付け加えているとしか思えません。
なぜ殆どの動画が、文章ウィンドウ+立ち絵+背景なのでしょう。
なぜ殆どの動画が、手描きやPVやその他動的表現に手を出さないのでしょう。
手を出したらノベマスじゃないと思うからでしょうか。
その形式がどう変化しようと、上記の定義に合致するならば、それはどこまで行ってもノベマスであるはずです。
仮にそれがノベマス以外の何かになったとして、極論そこに「何の問題があるのでしょう」。
守るべきは、アイマスへの愛情であって、ニコマスを楽しむことであって、別にノベルゲームみたいな定型動画を作ることではないと思うのです。
伝えたいもの、表現したいもの、それを形にするためにノベマスを始めとした様々な動画形式があるのであって、それらは単なる手段でしかありません。
手段は目的を実現する為にのみ存在し、その目的を実現することによってのみ意義が認められるのです。
ノベマスという手段を採るために目的を選んでしまったら、それは本末転倒以外の何者でもありません。

自分は何も、ノベマスも進化しなければならない、と言いたいわけではありません。
進化も退化も、結局は変化でしかありません。それが進化なのか退化なのかは、それを見る人次第でしょう。

ノベマスの未来とは、つまるところノベマスだけの問題ではありません。
それはニコマスの問題であり、ニコ動の問題であり、すべての二次創作・MAD文化に共通する問題です。
何故ノベマスを作るのか、何故ノベマスでなくてはならないのか、そこに確かな信念があるのなら、ノベマスの形式がいくら古かろうとそれは新しいのです。
ですがそこから新しい可能性を模索することをやめ、現状に留まりノベマスという形式ありきの反復作業的MADに終始するのなら、それはどんなに斬新でも枯れたMADに過ぎないでしょう。
同じことは、どのジャンルの動画にだって言えることだと思います。


●じゃあ結局ノベマスはどうすればいいのか

どうもしなくていいと思います。これだけ長々とやっておきながら、あんまりな結論かもしれませんがw
好きなようにすればいいんですよ。だって趣味だもん。
楽しいから、好きだから、自然とやっていることなんです。
その自然体の中でノベマスが更なる進化と発展を遂げるなら、それはそれでいいことです。
逆にノベマスや如いてはニコマスが別の何かに取って代わられて消えていったとしても、それはそれでいいことです。
このニコマスにおいて唯一つ、全員に共通して確かなことは、なんだかんだあるけれどみんなアイマスが大好き。ということですよね。
それが今です。明日のことは知りません。明日には明日の好きがあるでしょう。

結局、愛すること、楽しむこと、これが一番大事。
綺麗事だけど、綺麗事には綺麗なだけの理由がちゃーんとあるということです。


あー、書き終わった。
そのうち、自分もノベマスを作ると思うんです。
そのときはよろしくお願いしますね。
「あの時生意気なこと書いたPかッ!!」
とか言っていじめないでください…w
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リスが珍しいものを食べていた ほか

リスが珍しいものを食べていたかわいらしいリスが、何やら赤いものを握りしめて食べています。よく見ると……バラの花びら! 食通のリスなのでしょうか。(カートとコートニーの未発表デュエットニルヴァーナのボーカル、故カート・コバーンと妻コートニー・ラブのデュエッ...

コメントの投稿

非公開コメント

実に興味深い記事でした。
というか、やっぱりPV系の方の視点から考察した記事というのは観点がノベマスPと違っているので、とても面白かったです。
私自身はまあ、まだデビューしたての事もあってあれこれ悩みながらの活動になるとは思いますが、まだまだお話を書くのが楽しいので活動できると思いますw

では、いつかdbdbPがノベマスに作品を投稿する日を待っております。
あ、PVも待ってますよ?みてれぅ!なのでw

>>ねこようじP
貴重なお時間を割いていただきありがとうございました。
完全に外からの視線ではありましたが、何か御思索の糧になれば光栄ですw
楽しんでやられているのであれば、それは素敵なことだと思います!

何やらノベマスデビューに向けてのハードルが上がった気がしなくもないですがw、こちらも楽しんでやっていきたいと思いますよ。

訪問者リストから飛んできましたw

リンクをしていただいていたようですので、こちらもリンクさせていただきました(過去形w)

ノベマス考察その1から見てきましたが、これだけのことを考えていらっしゃるとは感服します
自分なんかは気持ちばかりが先走って動画を作っているのでお恥ずかしい限りです

いちノベマスファンとしてdbdbPのノベマスを楽しみに待っていますね!w


P.S.ちなみに私はUVER好きなのでdbdbPの作品「SHAMROCK」マイリスしましたよ!
真カッコいい!

>>片桐P
おおお、どうもありがとうございます!
そうです。勝手にリンクをさせていただいておりました。
えへへ、ミテマスヨー

ていうかSHAMROCKの話はやめてーー恥ずかしいからーーーw
あれも色んなミスが重なってしまった不遇の作品なので、いつかリベンジしたいと思ってます…そのときは片桐PのようなUVERファンの方々に胸を張れるような作品にしないとなあw
あと、うん・・・ノベマスも頑張らないとなあ・・・
アンケート結果公開中!!
ニコマスライフに関するアンケート結果を公開中!!
どうぞご覧下さい!
こちらから
twitter
dbdbP
http://twitter.com/dbdbP
やよいが歌ってるだけbot
http://twitter.com/yayoi_utau
プロフィール

dbdbP

Author:dbdbP
PV系が主戦場。だけど他の畑にも行ってみたい。そんな繊細なお年頃。ネタ作品はあまり作らないけど、頭の中はネタだらけなの。
みんな甲乙つけがたくて誰が俺の嫁とか選べないけど、そこを敢えて断腸の思いで一人選ぶなら、間違いなくダントツぶっちぎりで春香さんですね常考。
リンクに連絡は不要です。好きにやっちゃって!
でも連絡を頂いたら、喜んで相互リンクさせていただきます。
※あまりにアイマス・ニコマス・dbdbPと無関係すぎる歪みねぇサイトはダメかも?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
dbdbとの連絡はこちら
作品マイリスト
RSSリンクの表示
リンク
ミテマスヨー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
こんちゃ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。