スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制作の小技02

二回目。
今回もわりと基本的なことについて書こうかなと思っております。

前回はシンクロでしたが、今回は抜きについて。
キャラクターを別の背景と合成したりするときの「抜き」ですね。
ただ、今回は抜き合成の抜きの部分しか触れられないと思います。
合成の部分に関するお話は、また別の機会にw

今回の記事から、少しAEでのお話が出てきたりするので、AE環境ではない方はごめんねな部分もありますw

あと、最初に言ってしまうと抜き合成のクオリティってのは、もともとの素材の画質にかなり影響されます。
どんなに優秀なキーイングエフェクトを使っても、素材の画質が悪ければどうしようもありません。
もちろんAEなどでそれらを誤魔化すこともある程度できますが、昨今のニコマスで見られる美麗な抜き合成は、根本的に素材の画質によって支えられている部分も大きいことをご承知下さい。

それから、今回も「抜き合成なんてやったこともないよ・・・」というような方向けに書いてますので、あんまり高度な内容を期待されても困っちゃうんだからねっ!


最近のニコマス動画では、もうアイドルを自作背景や別の背景画像と重ねて表示する演出も目新しいものではなくなりましたね。
ですので、抜き合成というと何か特別なテクニックのように感じてしまうかもしれませんが、実際に例を挙げてみると、実に見慣れたものであることがお分かりいただけると思います。
sc001.png
以前別記事に貼った画像の使いまわしで恐縮ですが、例えばこんなのです。
画像は全てクリックで拡大できます。
細かいところは、拡大してチェックしていただければありがたいですw

自作の背景映像に春香さんを重ねていますが、この春香さんは当然L4Uからキャプチャしたものですので、本来であれば背景がステージになっているはずです。
(※衣装に模様がついているのは今回は無視してくださいw これも技術的には抜き合成ですが、今回はこの部分の説明までは多分できませんw)
そのL4Uのステージ映像を、あの手この手を使って切り抜くわけです。
その昔は1コマずつ手作業で切り抜いていました。これを手抜きといいます。
全然手抜きじゃないのに手抜きとは酷いネーミングですが、手抜きといいますw

ですが、さすがに基本秒間30コマとかある動画を一枚ずつ手作業で切り抜くのはものすごい作業量ですので、キャラ抜きというのは誰もができる演出ではありませんでした。
ここぞというシーンで使う必殺技的なものだったわけですが、去年の七夕に革命が起きたのは皆さんご存知の通りです。
そこでL4Uに裏技(通称765comm@nd)が見つかり、ブルーバックなどの単一色背景でアイドルを躍らせることが可能になったのです。
で、現在ニコマスにある抜き合成の動画はほとんど、この765comm@ndを使用しているわけですね。

ところで、ブルーバックなどの単一色背景だと、どうして合成ができるの?
という疑問をお持ちの方がいるかもしれませんので、そこからお話しましょう。
まあ、いなくても書きます。あとで必要になるのでw
02001.png
ブルーバック(以下BB)というのは、こういう画像のことです。
765comm@ndを使用すると、こういった単一色背景での映像を撮ることができます。
いま、この画像の背景は青ですが、春香さんの部分には、衣装や体のどこにも「青色」がありません。
ですから、この映像を編集ソフトで扱う際に「この青色は透明であると見做す」処理を行うと、見事に春香さんだけが切り抜けるのです。
この、特定の色を透明と見做して処理する機能を、一般的にはクロマキーだとか、カラーキーだとか言ったりします。
ソフトによっては名前が違うこともあると思いますが、大体そんな名前です。
この透明にするための色は、青でなくても構いません。
ただし、切り抜きたい対象にその色が含まれていると、誤爆して一緒に透明になってしまうので、対象に含まれない色を選びましょう。
L4Uでは、青のほかに、赤、緑、灰色の計四色が用意されています。
この中で使用頻度が高いのは青と緑だと思いますが、場合によっては(衣装によっては)赤や灰色を使うこともあります。

では実際に、試してみましょう。
02002.png
これは、VS12でクロマキーを適用し、ちょうど良い感じに調整をしてみたものです。
後ろには適当に別の背景を置いてみましたが、いかがでしょうか。
なかなか綺麗に切り抜けていますね!

次に、こちらをご覧下さい。
02003.png
こちらは、AEでKeylightというキーイングエフェクトを適用した画像です。
見栄えが良くなるように多少パラメータを調整してはありますが、衣装のレースにご注目ください。
VS12では、透けていることは透けていましたが、それでも背景の青が残ってしまっていました。
しかし、AEのKeylightではそれが綺麗に処理されています。
このように、切り抜き処理は素材自体の画質もそうですが、処理をするソフトやその機能自体の性能によってかなりクオリティが異なります。
後者のKeylightは、ハリウッド映画などでも使用されるほどの優秀なエフェクトになりますので、さすがに綺麗に処理ができますね。

さて、では実際にL4Uで素材を録画する手順を説明しますね!

1.ステージ選択画面で765comm@nd入力
02004.png
765comm@ndは『RS押し込み・LT・LT・RT・RT・X・X・RS押し込み』です。
成功すると、SEが鳴ってステージの画像が表示される部分が単一色になり、ステージ解説も変わります。
この状態で十字キー左右を押すことで、色の変更ができます。(青・緑・赤・灰の四色)
今回はステージは野外ステージが選択されていますが、これって何か意味があるの?
と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
だって今はちょうどハルカニの時期ですし!! というのは嘘ですがw まあちょっと記事の展開上必要なので野外ステージにしています。
「最終的には」、どのステージの選択状態で765comm@ndを使用しても問題はありません。

2.アイドルに歌ってもらって、録画する

アルバムからビデオを再生すると、歌詞を消すことができます(Yボタン)。
まあこんなことは、さすがに皆さんご存知でしょうがw
これをキャプチャーして保存します。

ね? 簡単でしょう?

そういうわけで、BBで踊る春香さんが手に入りました!
02005.png
うおおおお・・・ なんと美しい・・・
これは死者が出てもおかしくないレベル!!

ってなことはおいといて、おかしいですね。
全然単一色背景じゃないですね。
なんか画面の上のほうに白い靄みたいなのかかってるし。
02006.png
とりあえず抜いてみたけど、Keylightは綺麗に白い靄まで透過再現してくれましたw
残念ですが、いくら春香さんが美しくてもこれでは抜き合成には使えませんね。
なんでこんなことになっているのかというと、実はこの白い靄は、野外ステージの空からくる環境光なのです。
765comm@ndは背景を単一色に変えてくれますが、どうやら選択したステージの照明の設定などは変わらずそのまま適用されるみたいなのです。
なので例えばライブハウスとかで撮れば、屋内なので当然こういった環境光は入りませんが、その代わり周囲の背景色の反射がアイドルに映りこんでしまったりします。

これじゃあせっかくのBB背景も使い物にならないよ!
ということで、色んな手法が試されました。
背景色の反射が映りこんでも違和感が出にくい灰色をメインに、当時のPはこぞって努力をしたようです。(僕はその世代ではありませんがw)
そして、この背景色反射の問題を解決する決定的な手法が見つかったのです。
その名も、765comm@nd改

方法は簡単で、『765comm@ndを使用してビデオ保存した後、一度箱○を再起動するかダッシュボードからL4Uを再起動して、直後にビデオを再生する』というもの。
改といいつつコマンド自体は何ら変わらないので、どちらかというとキャプチャ前に行う別の裏技的な雰囲気です。

これを使って、まったく同じビデオをキャプチャしてみました。
02007.png
見事に環境光がなくなりました!
ちなみに、これはL4U起動直後であっても、タイトル画面から小鳥さんのデモムービーが再生されてしまうと765comm@nd改に失敗するので気をつけてください。
まあ単一色背景に環境光が乗っているとすぐにわかるので、失敗していたら気付くと思いますけどw
この素材で抜いたのが↓です。
02008.png
あ、ちなみにキャプ時の黒枠が左右とかに入ってますが、それは気にしないで下さい。
今回は横着をしてそのままにしてますが、実際はマスクするなりクロップして一度書き出すなり、お好きな方法で処理していただければとw

何はともあれ、これでBB素材が自由に調達できるようになりました。
Keylightなら、半透明の部分までちゃんと計算して抜いてくれます。
イメージが膨らみますね! どんな映像を作りますか?!

そんなわけで、調子に乗ってもう一つ素材を撮ってみましょう。
上の春香さんは「隣に・・・」を歌っているんですが、やはり「隣に・・・」といえばあずささんですよね。
春香さんの場合は青要素がなかったので(逆に瞳が緑っぽいので)ブルーバックで撮りましたが、あずささんの場合は髪が青っぽいのでグリーンバックで撮ります。
どの色の背景を使うかは、アイドルや衣装によって適宜調節してくださいね。

02009.png
衣装は、僕の大好きなライブフォーヴィーナス。ヒールの似合う衣装が好きですw
さて、これでKeylightを適用してみましょう。
02010.png
あれ? なんか衣装の色が変わってますね。
そうなのです、これがクロマキーの罠なのですw
半透明でも何でもない色から、キーカラー(この場合は緑)の色成分を抜いて、色を変えてしまった挙句ご丁寧に半透明にしてくれたりするのです。
詳細な原理は僕もわからないんですが、どうもクロマキー系のエフェクトはカラーキーを元に色の明度で処理をするような気がしますね。
つまり、同じ系統の色で明るさが違う場合などは、それは半透明のものであると解釈して、カラーキーを基準に透明化処理を行うようです。
で、今回はライブフォービーナスの黄色から緑の色成分を誤爆抜きしてしまい、色がオレンジっぽくなって若干透明になってしまったということではないかと思います。

これは、Keylightの場合だと「ScreenBalance」や「DespilBias」辺りを調整すると解決できます。
もしかしたら、もっと効果的な修正方法があるのかもしれませんので、ご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご教授下さいw
で、上記のパラメータを調整したものがこちら。
02011.png
かなり改善されてますが、細かく比べると、これでもまだ若干色合いが違います。
ただ、こんな風に調整をかければ変色を修正することはできますが、問題は「感覚で修正しないといけない」ということです。
この辺の修正精度は、もう自分の感性次第です。
こういう方法でもまあいいっちゃいい気がしなくもないですが、できれば最初から変色しない方法で抜きたいものです。
そこで、色の明度ではなく、純粋にカラーキーとの色差で処理してくれる(ような気がする)リニアカラーキーを使いましょう。
正直、AEはKeylight以外の初期装備キーイングエフェクトが貧弱すぎて話にならないくらいなんですが、それでも使い方によっては十分役に立ちます。
特にKeylightが誤爆してしまうような状況では、結構頑張ってくれます。

02012.png
これが、リニアカラーキーを適用して頑張って調整したものです。
頑張って頑張ってこれですw
Keylightは誤爆で色こそ変わりましたが、こういう境界線の部分の抜き残しはありませんでした。
やはりこの辺は性能差が如実に現れますね・・・。
でもその代わり、色に関しては誤爆がないので、元のままの色調で抜けています。
さて、それにしても抜き残しが気になります。これが青ならまだ目立ち難いかもしれませんが、緑はものすごい目立ちますしねw
なので、これを削るためにもう一つ「チョーク」というエフェクトを使いましょう。
チョークは、不透明な部分の縁を削ったり増やしたりすることができるエフェクトです。
一つのエフェクトで実現できないことは、やりたいことを工程にわけて、複数のエフェクトで実現するのです。
このチョークを使って、抜き残しの目立つリニアカラーキー適用後のあずささんにさらに調整をかけてみましょう。

02013.png
どうですか? 抜き残しも変色もない、綺麗な抜き素材が出来上がりました。
やよいのアナカジとかもそうですが、抜き難い素材も工夫次第でなんとかなるものです。

一つのエフェクトでは実現できないことを、複数のエフェクトや合成手法の合わせ技で実現するのは加工の王道なので、こういったやり方も知っておくと便利。かもしれないw

ちなみに最後に紹介した手法ですが、これはPrでも十分できるはずです。
PEでもできるかも? と思いますが、PEにもチョークとかがあるのかどうか未確認なので、あまり触れられませんw



ふー。しかし今回も長くなってしまいましたw
画像を貼ったのもありますけどね。
シンクロの回はシンクロ動画を作るのが面倒だったのでやりませんでしたけど、まあこれくらいの解説用素材なら、あまり手間でもないですし。
目で見たほうがわかりやすいしね!

今回書いたのは、抜き合成の抜きの部分です。
こうして作った素材を、背景と合成する作業が必要になるわけですが、この際にも色々と小技はあると思います。
さらに、この抜きのテクニックというのは、例えば最初に貼った春香さんの衣装に模様がついているようなものとか、髪や衣装の色変更などでも使います。
それはそれでまた別の機会に書くことにしますが、かなり基本的な技術で、しかも応用も効くものですので、今までよくわからなくてキャラ抜きに手を出してこなかった方などは、一歩踏み出してみるのもいいのではないでしょうか。
とっても面白いですよ!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アンケート結果公開中!!
ニコマスライフに関するアンケート結果を公開中!!
どうぞご覧下さい!
こちらから
twitter
dbdbP
http://twitter.com/dbdbP
やよいが歌ってるだけbot
http://twitter.com/yayoi_utau
プロフィール

dbdbP

Author:dbdbP
PV系が主戦場。だけど他の畑にも行ってみたい。そんな繊細なお年頃。ネタ作品はあまり作らないけど、頭の中はネタだらけなの。
みんな甲乙つけがたくて誰が俺の嫁とか選べないけど、そこを敢えて断腸の思いで一人選ぶなら、間違いなくダントツぶっちぎりで春香さんですね常考。
リンクに連絡は不要です。好きにやっちゃって!
でも連絡を頂いたら、喜んで相互リンクさせていただきます。
※あまりにアイマス・ニコマス・dbdbPと無関係すぎる歪みねぇサイトはダメかも?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
dbdbとの連絡はこちら
作品マイリスト
RSSリンクの表示
リンク
ミテマスヨー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
こんちゃ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。